地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

理事長挨拶

ものづくり企業の技術課題解決のパートナーとして、
研究成果、技術ノウハウを駆使して、
ものづくり企業のニーズにお応えします。

地方独立行政法人大阪市立工業研究所
理事長 中許 昌美

昨今、工業立国として活躍してきた我が国が、曲がり角に来ていると言われています。そのため国、産業界ともに科学技術に基づくイノベーションの創出を重要視しています。これまでにもオンリーワン技術、ナンバーワン技術の開発による技術的優位性の確保が、ものづくり企業の皆様にとっても重要な課題として認識されていました。今はそれ以上に、世界を引き付け、引き込むことのできる圧倒的な技術、科学技術に基づくイノベーションが求められています。このような新しい技術の創出のためには、将来を見据えたたゆまざる研究活動が必要不可欠であり、大阪経済を支える多くのものづくり中小企業の技術支援機関としての工業研究所の役割は、ますます重要となっています。
工業研究所は、化学、高分子、バイオ・食品、ナノ材料分野に関する研究開発に取り組み、培ってきた研究成果、技術ノウハウを駆使して、ものづくり企業の皆様の技術課題解決のために取り組んでいます。ものづくり企業の技術課題を解決するパートナーとしては、まずは「市工研」を身近な存在として感じていただき、ご相談いただく敷居を低くすることが重要と考えています。そのために技術相談窓口に専門研究員を配置し、皆様からのご要望にお応えできる最適な研究員を紹介し、依頼試験、機器使用、受託研究、施設利用等の適切な支援サービスに繋げていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

工業研究所の強みである研究力を最も発揮できるのが、「受託研究」です。企業の技術課題を検討し、新材料・新素材の評価や、研究開発の企画から製品化まで一緒になって取り組んでいきます。企業から派遣される技術者を受け入れ、工業研究所の研究室の中で一緒になって研究開発することもできます。また、お互いに役割分担を決めて課題に取り組み、定期的な打ち合わせを通じて展開していくなど、企業ニーズに合わせて柔軟に対応します。これまでにも受託研究を通じて、多数の製品化が実現しています。

一方で、工業研究所が保有する多くの研究・技術シーズを、是非、ものづくり企業の皆様にご活用いただきたいと願っています。工業研究所の研究・技術シーズに着目していただいた企業様には、受託研究を通じて積極的に技術移転を図っています。独自技術の創出を志向した研究の成果を、企業ニーズに繋げていくという技術支援のアプローチは、工業研究所の企業支援のベースとなっています。さらに工業研究所の枠にとらわれることなく、地域の大学や他研究機関における研究資源も活用する産学官連携と企業間連携のための「おおさかグリーンナノコンソーシアム」を組織し、競争的資金獲得をツールとしたクラスター創成による研究開発拠点として活動しています。

これからも、多様化する企業ニーズを迅速に捉え、大阪市ならびにその周辺地域のものづくり中小企業のさらなる高度化のために、企業の研究開発室、品質管理室としての役割を担っていきます。そのためには研究所ご利用の皆様の目線にたち、独立行政法人の持つ機動性・柔軟性を十分に活かしながら、大阪地域の中核的な技術支援機関としてより一層の機能強化に努めていきます。

企業の皆様方には、これまで以上に工業研究所をご活用いただきますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ