地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

講習会・発表会

第259回プラスチック技術講演会

掲載日2017年6月15日

開催概要

◇開催日: 2017年7月20日(木)

◇場 所:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター (旧 大阪市立工業研究所)

      4階小講堂

◇主 催: プラスチック技術協会

◇後 援: (地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター

◇参加費:会員1冊無料、2冊目からは1,000円、一般2,000円

〇研究成果および関連技術   13時30分~14時45分

「環境対応プラスチックの現状と市工研発の精密重合法による新しいポリ乳酸」

大阪産業技術研究所 森之宮センター  物質・材料研究部 門多丈治

 プラスチック廃棄物の地球環境への影響が懸念される中、諸外国において使い捨て容器包装材料に対する規制が強化されています。その根本的解決策として生分解性プラスチックへの転換が進みつつあり、世界的規模でポリ乳酸の生産、利用が拡大しています。これらの現状を概説し、新規有機重合触媒による構造制御されたポリ乳酸の精密合成と発現する優れた特徴及びその実用化に向けた取り組みについて紹介します。

〇新製品・新技術紹介   15時00分~16時00分

「医療機器に使用されるプラスチック材料」

株式会社JMS 基盤技術研究室  山本敬史

 医療機器は処置器具から装置、ソフトウェアまで多様ですが、カテーテルやシリンジなどの単回使用器具にはポリオレフィン、ポリ塩化ビニル、ポリエステルなど多くのプラスチックが使用されています。これらの材料は物性、安全性、加工性、滅菌性等の観点で選定されており、医療機器メーカーの立場からプラスチック材料の要求事項を紹介します。 

詳細、申込みはこちらから

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ