地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

電子材料研究部

電子情報技術の基幹をなす材料の開発を行い、関連業界に対する技術支援を行っています。無機電子材料、有機電子材料、有機無機ハイブリッド材料、金属・合金・酸化物の薄膜・厚膜など広範囲の材料を対象とし、ナノテクノロジー、原子・分子レベルのプロセス制御技術による材料特性の飛躍的向上を目指した電子材料の開発を進めています。

(電子材料研究部長 : 千金正也)

無機薄膜研究室

金属酸化物系無機薄膜の開発および応用研究を行っています。新しい無機薄膜製造プロセスを開発するとともに、その薄膜の電磁気・光学性能を評価し、半導体・磁性体デバイスや各種機能薄膜への応用を図っています。

表面工学研究室

エレクトロニクス実装関連や電子デバイス関連の分野を中心に、リチウムイオン二次電池材料、新規触媒による無電解めっきプロセス、電子部品用鉛フリー合金めっき、化成処理によるめっき皮膜の機能向上など、広く表面処理関連技術の開発を行っています。

光機能材料研究室

光・電子機器分野で用いられる発光性等の光機能や電子的・電気化学的機能を有する材料、特に光・電子機能性高分子膜を中心とした材料の開発と応用、および光・電子機能性材料の製造を支援する周辺技術の開発や応用を行っています。

ナノマテリアル研究室

ナノ材料は、省資源・省エネルギー・低環境負荷型プロセスの基幹材料として注目されています。 「グリーンプロセスによる高機能材料」をキーワードに、様々なナノ粒子や金属錯体材料を開発し、エレクトロニクス、装飾、バイオセンサーなどの幅広い用途開拓に取り組んでいます。

電池材料研究室

金属やセラミックスのサイズや形態をナノレベルで制御し、リチウムイオン二次電池の信頼性、安全性、性能を高めるための材料開発、技術開発、全固体電池開発に取り組んでいます。ゾルゲル法やスパッタ法、AD法、塗工法、エレクトロスピニング法、レーザー照射など、様々な技術を駆使して物づくりを支援します。

ハイブリッド材料研究室

有機無機ハイブリッドは有機と無機の特徴を併せ持つ新材料として、光学、電子材料などの多くの分野で利用され始めています。光硬化やゾルゲル、相分離などの技術を駆使した新しいポリマー、金属錯体や金属ナノ粒子を用いたハイブリッド創製を目指しています。

主な試験・分析項目

表面分析・観察

X線光電子分光分析(ESCA)、走査型電子顕微鏡観察(SEM-EDX)、走査型プローブ顕微鏡観察(SPM)、レーザー顕微鏡観察、ATR-フーリエ変換赤外分光分析(ATR-FT-IR)

材料分析

X線回折、蛍光X線、紫外可視分光分析(UV-VIS)、多核NMR、FT-IR、蛍光分光分析、熱分解GC-MS

物性測定

電気抵抗、ホール定数、ゼーベック係数、熱電変換効率、光線透過率、反射率、熱拡散率、屈折率、熱膨張係数

熱分析

TG-DTA、DSC

その他

めっき:厚さ試験(光学顕微鏡による)、キャス試験
ガラス:ガラスの強度試験、耐熱衝撃試験、水圧試験
高分子:高分子の分子量および分布(GPC)
膜 等:膜透過試験、全有機体炭素(TOC)、イオン交換樹脂交換容量

主な機器・装置

形態観察

SEM、透過型電子顕微鏡、AFM、光学顕微鏡、レーザー顕微鏡

構造解析

X線回折装置、単結晶X線構造解析装置、NMR、FT-IR、顕微ラマン分光光度計、UV-VIS、蛍光分光光度計

組成分析

ESCA、蛍光X線分析装置、蛍光X線膜厚計、TOC

クロマトグラフ

熱分析GC-MS、高速液体クロマトグラフ、GPC

物性測定・特性評価

ゼーベック係数測定装置、熱電効率測定装置、ホール定数測定装置、熱機械分析装置(TMA)、ソーラーシミュレータ、キャス試験機、微小部鏡面反射測定装置、分光エリプソメータ、レーザーフラッシュ法熱定数測定装置、アッベ屈折計、ガウスメーター

その他

ファイバーレーザ、超高速昇温電気炉、真空雰囲気焼成炉、ドクターブレード装置、ボールミル、ビーズミル、スピンコータ、バーコーター、紫外線露光装置、真空蒸着装置、限外ろ過装置、逆浸透装置、マイクロ波反応装置

ページトップへ