地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

電池材料研究室

金属やセラミックスのサイズや形態をナノレベルで制御し、リチウムイオン二次電池の信頼性、安全性、性能を高めるための材料開発、技術開発、全固体電池開発に取り組んでいます。ゾルゲル法やスパッタ法、AD法、塗工法、エレクトロスピニング法、レーザー照射など、様々な技術を駆使して物づくりを支援します。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

  1. 高橋雅也 *
  2. 山本真理
対応する業界、素材や技術

家電業界、電子材料・半導体関連業界、自動車業界、建築業界、塗料業界、セラミックス業界、金属材料業界

研究内容

革新的次世代電池の開発

リチウムイオン二次電池の電解質溶液をセラミックスに置き換えた、液漏れ・発火・発熱の無い全無機・全固体・薄膜リチウムイオン二次電池の開発を行っています。
電池作製には、エアロゾルデポジション法やスプレー熱分解法、塗布法などの手法を用いています。
これまでに、正極材料として用いるリン酸鉄リチウムLiFePO4、電解質に用いる固体の無機物であるリチウムイオン伝導体Li7SiPO7、負極材料として用いるチタン酸リチウムLi4Ti5O12などの粉体を作製し、乾式室温製膜法であるエアロゾルデポジション法により基板上に積層し、電池として作動することを確認しています。また、湿式法であるスプレー熱分解法を用いて、各薄膜の作製に成功しています。硫化物系固体電解質を用いた全固体電池の実用化を目指した開発研究も行っています。

レーザーを用いたセラミックスの改質加工技術の開発

セラミックスにレーザーを照射すると、照射した部位の電気抵抗が数ケタ低下するなど性質の大きな変化が見られます。これを利用して、セラミックスに導電回路を形成する技術開発を行っています。
また、酸化チタンに照射した場合、通常紫外線照射時においてのみ抵抗値が低減しますが、可視光照射時にも低減することを見出しています。
セラミックス材料の電気的・化学的、さらには光学的、磁気的性質や形状等をレーザーによって制御することにより、省エネルギープロセスとして実用化するための研究を行っています。

電池材料研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

06-6963-8085

メールでお問合せ

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

ページトップへ