地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

環境技術研究部

高機能炭素材料・バイオマス由来工業材料・高機能プラスチック・分離膜・環境配慮型無機材料・環境浄化技術・微量分析技術・画像処理技術といった多様な分野の素材や技術を組み合わせて活用し、環境適合性・高機能・高性能・快適性・安全性・省エネルギーを求める企業のニーズにお応えします。

(環境技術研究部長 : 森田実幸)

システム制御研究室

デジタルカメラなどの光学センサを用いた高度センシング技術の研究を行い、その成果を応用したシステム開発(人、移動体の認識、物体の3次元計測とモデリング、自動外観検査など)並びにLED光源、照明器具の光学性能評価を中心とした企業支援を行っています。

無機環境材料研究室

“人に優しく環境に調和したものづくり技術” をめざした高機能性合金めっきの開発と、“世界水準の品質管理を支える分析・評価” を実現する微量金属分析に寄与する分離・濃縮法および測定法の開発で役立つことが、無機環境材料研究室のポリシーです。

環境微生物研究室

当研究室では、プラスチックや合成化合物を変換・分解する微生物の潜在能力を探索・研究し、バイオ技術を利用してその能力を有効に活用し、バイオマス製品の生産や環境浄化等に貢献する技術開発を行い、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

生産環境工学研究室

活性炭・関連炭素材料の製造開発・高機能化・応用技術の研究に取り組んでいます。活性炭吸着法関連では、廃水などの浄化技術の開発のため、各種吸着剤の性能評価、表面の改質、粒径の制御等、除去率向上のための研究を行っています。従来からの環境浄化分野だけでなく、燃料電池用の炭素電極など、低炭素社会実現と生活環境改善に貢献します。

炭素材料研究室

活性炭をはじめとする炭素材料の製造開発・高機能化・応用技術の研究に取り組んでいます。水処理やガス処理といった従来からの環境浄化、環境汚染防止だけでなく、燃料電池用の炭素電極,機能性調湿材の開発など、低炭素社会実現と生活環境改善に貢献します。

主な試験・分析項目

溶液の一般分析

酸消費量、アルカリ消費量、硬度、懸濁物質、蒸発残留物、有機体炭素(TOC)、ヨウ素消費量、金属イオン、陰イオン、ヒ素・セレン

活性炭・吸着剤の試験分析

水分、灰分、揮発分、固定炭素、充てん密度、硬さ、比表面積、細孔分布(窒素吸着法、水銀圧入法)、調湿性能、脱臭性能、脱色性能、吸着性能、溶剤蒸気吸着性能、湿度制御性能

無機材料の分析

蛍光X線、多核NMR、ラマン分光分析、X線回折、ESCA、原子スペクトル分析、走査型電子顕微鏡、粒度分布、比表面積、細孔分布

微生物試験

一般生菌数、抗菌力試験、カビ抵抗性試験、微生物の検出、生分解性試験、最小発育阻止濃度

光源・照明器具の測光

微量金属元素分析(RoHS指令関連元素など)

プラスチックの分析

微量金属元素分析(RoHS指令関連元素など)

分離膜関係

逆浸透膜、限外ろ過膜の試験

主な機器・装置

環境試験関連

ガスクロマトグラフ(GC)、GC-MS、クーロメータ、恒温恒湿器、恒温振とう機、水蒸気吸着量測定装置、有機溶媒蒸気吸着装置、高速溶媒抽出装置、複合サイクル試験機、塩水噴霧試験機

水・ガス分析関係

TOC、DOメータ、ICP発光分光装置、原子吸光分析装置、高速液体クロマトグラフ

分析機器

ATR-FTIR、顕微FTIR、表面積・細孔分布測定装置、水銀ポロシメータ、グロー放電発光分光分析装置(GD-OES)、レーザ顕微鏡、粒度分布測定装置、活性炭硬度測定装置、紫外可視分光分析(UV-VIS)、電解式めっき厚さ測定器、原子吸光分析装置、誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)

微生物利用関係

ジャーファメンタ、冷却遠心分離機、超音波微生物破砕装置、生物顕微鏡、タンパク質精製装置、プロテインシークエンサー、遺伝子増幅(PCR)装置、リアルタイムPCR装置、電気泳動装置、微生物群集解析システム、微生物酸化分解測定装置(MODA)

ものづくり関係

活性炭製造・再生装置、ガス置換炉、炭化炉、雰囲気式電気管状炉、超高速昇温電気炉、光アシスト製膜装置、スパッタリング装置、真空紫外レーザ、エレクトロスピニング装置

電池関係

燃料電池評価システム、回転リングディスク測定装置

制御・計測関係

多目的画像処理装置、レーザ距離計、サーモグラフィ、非接触赤外温度計、非接触回転計

測光関係

全光束測定装置(直径20inch、65inch積分球)、配光測定装置(光路長1m、12m配光測定ベンチ)、2次元輝度分布測定装置、照度計

膜関係

限外ろ過装置、逆浸透装置

ページトップへ