地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

研修

酵素活性測定と酵素反応生成物の分析実習

掲載日2017年9月1日

-製品開発と品質管理のための酵素利用技術-
酵素活性測定と酵素反応生成物の分析実習

 酵素は、医療・食品・香粧品・繊維製品など様々な分野で利用されています。本実習では糖質に作用する酵素を例に取り上げ、酵素力価の測定法を実習すると共に、加えた酵素が反応条件により様々な反応を触媒する事例を取り上げて反応生成物の分析について実習し、酵素の働きについて理解します。酵素活性の測定とその作用の評価は、酵素を活用した製品開発や、製品の品質管理に必須の技術です。本セミナーでは、酵素活性測定や酵素反応生成物の分析など酵素の初歩的取り扱い技術を実習することができます。

    • 開催日時  平成29年11月8日(水)  13:15~16:30
    • 主  催  地方独立行政法人大阪産業技術研究所
    • 場  所  (地独) 大阪産業技術研究所 森之宮センター
      研究本棟 3階開放実験室、4階糖質工学研究室、他
    • 定  員  4名 (先着順)
    • 受講料金  一人9,800円(税込)
      ※関西広域連合に加盟する府県(滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県
      及び大阪府)に所在又は事業所等がない場合は、受講料が3割増となります。
      (事業所等があることがわかる書類をお持ちください。)

-------------------------------------------------------------------------------- 

  • プログラム

1. (13:15~13:30)  オリエンテーション

生物・生活材料研究部 研究主幹 糖質工学研究室長 村上 洋

2. (13:30~16:30)  実習  酵素活性測定と反応生成物の分析に関する実習

生物・生活材料研究部 研究主幹 糖質工学研究室長 村上 洋
生物・生活材料研究部 研究主任 木曽太郎
生物・生活材料研究部 研究主任 桐生高明

--------------------------------------------------------------------------------

申込みは こ ち ら 注意事項 をよくお読みの上、申込みをお願いします。)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ