地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

電子顕微鏡などを用いた食品物性に及ぼす組織変化の影響の評価

内容技術開発、高度試験・分析、製品評価、産学官連携、その他

分野油脂・洗剤、繊維、プラスチック、食品・発酵、無機材料、めっき、金属材料

野菜の細胞壁や畜肉の筋繊維などは、加熱調理などにより破壊や変形が起こり、それが食品全体の物性に影響することが知られています。調理前後などにおける食品組織の微細構造を、走査電子顕微鏡、透過電子顕微鏡などを用いて観察し、物性への影響を研究します。

この事例に関するお問合せ

食品工学研究室
  • 畠中芳郎 06-6963-8063

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ