地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

ヘモグロビン炭化物のアンモニア処理による細孔発達と酸素還元活性向上

内容技術開発

分野電池

固体高分子型燃料電池の本格的普及の実現に貢献すると期待される非貴金属系正極触媒として、ヘモグロビン炭化物の開発を行ってきました。本研究では、アンモニアガス中における熱処理により、ヘモグロビン炭化物の細孔が著しく発達し、また、酸素還元活性が向上することを見出しました。この技術をご利用ください。

この事例に関するお問合せ

炭素材料研究室
  • 丸山純 06-6963-8043

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ