地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

ストロボLED照明を用いた自動外観検査装置の開発

内容技術開発

分野機械・装置、光源・照明器具

大阪市内の中小企業から受託研究を受け,金属プレス成形品の自動外観検査装置を開発しました。金属プレス成形品には独特の光沢があるため,表面のわずかな傷やへこみ,色ムラなどが視認しづらく,目視検査における欠陥の見落としが発生します。このような外観検査を画像処理で自動化するには,機械の振動による画像のブレを無くすこと,人の主観的な判断ミスによる検出ミスを無くすことが重要となります。そこで同装置ではLED(発光ダイオード)を1/2501秒でストロボ発光させる特殊照明を採用し画像のブレを無くしました。この技術をご利用ください。

この事例に関するお問合せ

システム制御研究室
  • 齋藤守 06-6963-8149

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ