地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

ガスクロマトグラフ(GC)を用いた分析

内容高度試験・分析、製品評価

分野有機薬品、その他

 ガスクロマトグラフ(GC)は、移動相にガスを使用し、中空構造のキャピラリーカラムの内壁にコーティングされた固定相との相互作用を利用し分離を行い検出器までの到達時間で定性、信号強度で定量を行う分析装置です。分析対象物質に応じて、適切なキャピラリーカラムとカラム温度、検出方法を選択することで最適な分析を行うことができます。分析できる物質は、分析条件化で気化することができるものです。
GCの分析例 微極性のキャピラリーカラムとFID(水素炎イオン化検出器、一般的な有機化合物の検出に適しています)を用いた炭化水素混合物の分析結果を図に示しました。このように、ピークの数から何種類の成分が入っているか、ピークの面積からどのくらい含まれているかに関する情報を得ることができます。ただし、検出器の信号強度は分析対象物や検出器の種類により信号強度が変化するため、正確な含有量を求める場合には注意が必要です。
 検出器に質量分析(MS)を用いるガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)では、さらに分子量に関する情報が得られます。また、特定質量だけの分析モードにすることでより高感度の分析も可能となります。ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)に関してはこちらをご覧ください。

この事例に関するお問合せ

化成品合成研究室・精密化学研究室
  • 中井猛夫 06-6963-8051
  • 三原正稔 06-6963-8051
  • 伊藤貴敏 06-6963-8053
  • 岩井利之 06-6963-8053

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ