地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

新たな合成法で厳しくなっていく品質基準に対応

内容技術開発、高度試験・分析

分野有機薬品、その他

 従来の合成方法では「厳しくなってきた品質基準に対応が困難」となった時に、単なる工程の見直しや精製作業だけに頼るのではなく、新たな合成方法を採用することで、これまでの手法では、対応が難しくなってきた品質基準に対応することができることがあります。技術の発展に伴い、これまで以上の品質が求められ、従来品では納品先の求める基準を満たすことができなくなった合成方法に対し、新たな合成方法を検討しました。その結果、納品先の求める基準を満たすサンプルの合成に成功することができました。
 このような合成方法の見直しの際には、問題となる基準が明確であるとより効率的に改良を行うことができます。

この事例に関するお問合せ

精密化学研究室
  • 水野卓巳 06-6963-8052
  • 三原正稔 06-6963-8051
  • 中井猛夫 06-6963-8051

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ