地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

DSC(示差走査熱量測定)による熱的物性の分析

内容高度試験・分析、製品評価

分野油脂・洗剤、有機薬品、染料・染色、繊維、プラスチック、食品・発酵、電池、その他

 DSC(示差走査熱量測定)は熱分析の手法の一つで、試料の温度をコントロールしながら、その試料における単位時間あたりの熱エネルギーの出入りを知る分析方法です。本研究室では主に色素材料や蓄熱材料、高分子材料や樹脂製品、有機半導体材料、液晶材料、医薬品や化成品の中間体、ワックス類など幅広い分野で、材料や製品の融解や凝固、様々な相転移挙動の分析、安定性評価、品質管理データの測定などを行っています。

この事例に関するお問合せ

有機機能材料研究室
  • 高尾優子 06-6963-8057

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ