地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

レーザーゼータ電位計を用いた微粒子分散系の評価

内容高度試験・分析

分野油脂・洗剤

ゼータ電位の解説

  1. 金属微粒子や顔料の分散系のゼータ電位を、種々の分散剤について評価し、最適な分散剤を選択。
  2. 弱電解質の分散剤(乳化剤)を用いた場合、その溶液のpHを変えてゼータ電位を測定することで、最も安定な溶液条件(pH)を決定。
  3. 平板状セルを用いて、固体表面のゼータ電位を評価。表面処理効果や、液体中の粒子と固体表面の相互作用の評価。

この事例に関するお問合せ

界面活性剤研究室
  • 懸橋理枝 6963-8023

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ