地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

材料の組成を調べたい

内容高度試験・分析

分野金属材料

蛍光X線分析では、試料中に含まれている元素の種類や各元素のおよその含有量を非破壊で分析することができます。一例として、直径が0.4 mmの金属ワイヤ1本を試料として、フッ素からウランまでの元素範囲で分析して得られた半定量分析結果を表に示します(分析径は20 mm)。分析値から、このワイヤはステンレス鋼のSUS303やSUS304に近い組成を持つことが分かります。

成分名 分析値(質量%)
Fe 68.9582
Cr 19.4464
Ni 10.4743
Si 0.7006
Co 0.2370
Al 0.1135
S 0.0454
P 0.0246
合計 100

この事例に関するお問合せ

先進構造材料研究室
  • 渡辺博行 06-6963-8155

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ