地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

輸送中の振動による梱包品内部の化粧箱印刷表面の摩擦傷発生への対策

内容製品評価

分野その他

輸送状態を模倣した振動試験を実施し、現行品における摩擦傷が再現することを確認したのち、梱包品内部の緩衝材の材質やスキマ量の見直しを検討するとともに、化粧箱表面へのコーティング材料の変更などを行い、有効な対策を行うことができました。

この事例に関するお問合せ

機械工学研究室
  • 武内孝 06-6963-8151

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ