地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

TDS-GCMSを用いたプラスチックからの発生ガス分析

内容高度試験・分析

分野プラスチック

プラスチックの成形時もしくは成形品から発生するガスが問題となることがあります。本装置では、チューブに居れた試料から発生するガスを冷却して捕捉し、それをGCMSで分析できることから、金型を汚染する成分や基板から発生する低分子量成分の分析に用いることができます。この技術をご利用ください。

この事例に関するお問合せ

高機能樹脂研究室
  • 平野寛 06-6963-8129

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ