地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

テクニカルシート・事例集

GPCを利用した不良原因追究

内容高度試験・分析

分野プラスチック

GPC(ゲルパーミエーションクロマトグラフィー)は、高分子の分子量を測定する装置で、低分子の可塑剤が添加されているか、未反応モノマーが残っているか、等の確認にも用いることができます。プラスチック成形品に割れが生じる等の機械的強度低下に関するトラブルにおいて、使用環境による材料の劣化の影響を分子量の低下により把握することもできます。この技術をご利用ください。

この事例に関するお問合せ

高機能樹脂研究室
  • 門多丈治 06-6963-8129

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ