地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

講習会・発表会

第263回プラスチック技術講演会

掲載日2019年4月3日

開催概要

◇開催日: 平成31年 4月18日(木)

◇時 間: 14:00 ~ 16:10

◇場 所:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター

     4階小講堂

◇参加費: 会員1冊無料(2冊目からは1,000円),一般3,000円

◇主 催: プラスチック技術協会

◇後 援:(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター

○研究成果および関連技術  14時00分 ~ 15時00分

「形成と解離が可逆的にできる架橋構造を利用したネットワークポリマーの自己修復能とケミカルリサイクル性」

 大阪産業技術研究所 森之宮センター

 有機材料研究部 研究員 米川 盛生

 一般に強固に化学結合で架橋されるためネットワークポリマーは高い弾性率や高耐熱性、寸法安定性を示すが、溶媒に不溶・不融であるためにリサイクル性や加工性の観点から課題がある。そこで、形成と解離が可逆的にできる架橋構造をネットワーク中に導入することで、ケミカルリサイクル性や再加工性、自己修復能といった機能を付与する研究が注目されている。
 本講演では、これらについてトピックス的な研究事例を中心に示しながら概説する。

○新製品・新技術紹介  15時10分 ~ 16時10分

「自己修復性ポリマーゲル「ウィザードゲル」のご紹介」

 ユシロ化学工業㈱ 株式会社 IL事業統括室

 主席 押本 康成

 本素材は、切断しても再接触させると、元に戻るという自己修復性を有したヒドロゲルである。更に、高伸縮、高靭性、耐乾燥性など、様々な機能を備えている。そのため、医療、電気電子、自動車、航空宇宙、玩具、建材等種々分野への高機能材料としての活用が期待できる。

詳細、申込みはこちらから

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ