地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

講習会・発表会

次世代光デバイス研究会 令和元年度講演会

掲載日2020年1月22日

次世代光デバイス研究会 令和元年度講演会

― 深紫外LEDの評価技術と産業応用の最新動向 ―

 紫外域の光源(波長200~400nm)は照射物に種々の化学変化を起こすことが可能なため、樹脂硬化(レジストの露光、印刷インク・接着剤など)、殺菌、表面改質、医療など広範な産業用途に利用されてきました。最近、水銀ランプやメタルハライドランプに代わる紫外光源として高出力の深紫外LED光源の産業利用が進み、その市場規模も急速に拡大しています。
 本講演会ではこのような深紫外LED光源の放射測定と殺菌への応用に関する2件の講演、および弊所に設置したUV-LEDの測光装置の見学を実施いたします。

◇開催日時:令和2年3月24日 14:00~17:00

◇開催場所:大阪産業技術研究所 森之宮センター 4F小講堂

◇参加費 :無料

◇講演内容:(1)深紫外LEDの展望と技術トレンド 

      (2)UVC-LEDの放射測定技術の現状と課題

◇施設見学: 昨年10月、当研究所の測光施設(次世代光デバイス評価支援センター)に新たに導入した

      紫外LED光源の測光装置とそのデモをご覧いただきます。

◇参加定員:先着30名様

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため講演会を中止とさせていただきます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ